ブリーダーを利用して自分の好きなペットを手に入れる

ブリーダーとして必要な知識を身につけよう

ブリーダーを探す

ブリーダー探しから始めよう

ペットショップではなく、直接ブリーダーに譲ってもらいたい時にはブリーダー探しをする必要があります。 ブリーダーの探し方ですが、やはりネットで探すのが簡単と言えます。ネットで検索する際には沢山のブリーダー情報が出てきますが、それぞれをよく吟味する事が大切です。ブリーダーの中には悪徳業者も存在していますので、悪徳業者を回避する為にもどのような姿勢で飼育を行っているのかを確認する必要があります。 良さそうなブリーダーが見付かったら可能な限り下見を行う事が大切です。どのように飼育されているのかは実際に見てみないと分かりません。劣悪な環境で育てられている可能性もありますので、見学をして子犬の健全性を確認した方が安心です。

ペットショップで買わない理由

ペットショップよりもブリーダーから直接譲ってもらいたいというニーズも沢山あります。 なぜ直接購入が好まれるのかと言いますと、ペットショップですと病弱の子犬を販売している事があるからです。早くから親犬から引き離されている事もある為、病気に対しての免疫力が弱くなっている子犬もいます。また、社会性も身に付いておらず、しつけの難易度が高くなっている事もあるのです。 ブリーダーの場合は適切なタイミングで譲ってもらう事ができますので、健康な子犬を迎える事ができます。しかし、ペットショップの中にも健全な飼育を行っているところもありますし、ブリーダーだからといって100%安心な訳でもありません。その為、どこから譲ってもらう場合でもよく見極めて購入する事が大切です。

 欧米では一般的

動物をペットショップではなくブリーダーから直接入手する人が増えています。ブリーダーから動物を譲ってもらうメリットを把握しながら好きな種類の動物を手に入れましょう。

フェレットの入手

フェレットは多くの人に愛されている人気の動物なのですが、フェレットが病気になった時は獣医に診てもらわなければいけません。フェレット專門の動物病院もあるので安心して治療してもらうことができます。

犬のシャンプー

愛犬の汚れを落としてあげるためにシャンプーをしてあげなければいけません。しかし多くの犬がシャンプーを嫌がります。犬が暴れないようにシャンプーさせるコツを学びましょう。